忍者ブログ
Don't forget. Always, somewhere, someone is fighting for you. As long as you remember her, you are not alone.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、昨日の予告通り8月23日発売BOSS贅沢微糖おまけ「ランボルギーニ スーパーカーセレクション」より2缶用のダイキャスト製プルバックカー全6種です。


 
全車ヘッドライトとテールランプはクリアパーツでウインドウもスモークグレーのプラスチックになっています。

 

 
1台目はイエローのカウンタックLP500です。
「ミウラを凌ぐ次世代スーパーカーとして開発され、マルチェロ・ガンディーニ氏がデザインを手がけたカウンタックの原型」だそうです。

 

 
2台目はレッドのカウンタックLP400です。
「未来的なスタイリングで日本におけるスーパーカーブームの火付け役となったカウンタック初の量産モデル」

 

 
3台目はウォルター・ウルフ・カウンタックです。
「カナダの石油王ウォルター・ウルフ氏がランボルギーニのチーフエンジニアへ製作を依頼したLP400ベースの特注モデル」
カウンタックといえば、俺の中ではこのリヤウイングが付いてるイメージですね。
ウォルター・ウルフのロゴとかタンポ印刷されてます。
あと、リヤタイヤがコイツだけ凄い太い。
めちゃくちゃカッコイイぜ!

 

 
4台目はディアブロSE30イオタです。
「ランボルギーニ社創立30周年を記念して製作、イオタの名を冠したディアブロ初リミテッドモデル」
ディアブロはカウンタックとは違うカッコ良さがありますね~
ランボルギーニ自体が少量生産なのにリミテッドもクソも無いと思いますが(笑)
パープルの塗装が凄く綺麗だな。

 

 
5台目はレヴェントンです。
「世界20台限定・100万ユーロ(約1億6000万円)で発売されたムルシエラゴのスペシャルモデル」
ここ最近ミニカーが出まくってた気がしますね。

 

 
最後はアヴェンタドールLP700-4です。
「2011年、ムルシエラゴの後継車として登場、先進技術が投入された新世代のスーパーカー」
その名の通りV型12気筒エンジンから700馬力を生み出すモンスターマシンだそうです。
4000万円以上するけど既に日本で70台の予約が入ってるらしい。
運が良ければ遭遇する機会があるかも?

 
 

フロントとリヤを見比べてみた。
流石スーパーカー!どいつもこいつも平っべたい(笑)


 
ランボルギーニミーティング的な何か?

缶コーヒーおまけ用としては異例?の1/51サイズということで良く出来ていると思います。
120円で1/64より大きいダイキャストミニカー付いてくるとか結構凄くね?
ウルフカウンタックとディアブロが気に入りました。

明日は1缶用のレビュー行きます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/02 えくすぺりおん]
[09/02 結祁(ゆうき)]
[05/10 えくすぺりおん]
[05/09 結祁(ゆうき)]
[02/21 えくすぺりおん]
ブログ内検索
Twitter
プロフィール
えくすぺりおん

彩の国に潜伏中の道産子へっぽこ大学生。R34GT-Rと青山ゆかり嬢をこよなく愛する。根っからのカードゲーマーでもある。
カウンター
リコメンド
JavaScriptを有効にしてください。

オトコのコはメイド服がお好き!?

Copyright © [ 魔女夜会~Witch Party~ Side-B ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]